ETVの関連当事者としては、以下のような者が挙げられます。

1.コモディティ・プール・オペレーター

コモディティ・プールにとって最も重要な関連当事者は、コモディティ・プール・オペレーター(commodity pool operator)です。

これについては、商品取引所法Section 1a(5)が定義しており、商品に関するデリバティブ取引を行うために投資家を勧誘する行為又は資金を受領する行為を事業として行う者がこれに該当します。

2.商品取引アドバイザー

次に重要な関連当事者として、商品取引アドバイザー(Commodity trading advisor)が挙げられます。

商品取引アドバイザーは、Section 1a(6)に定義されており、商品先物取引・商品オプション取引に関しての投資助言を与えることを事業として行う者がこれに該当します。

投資会社でいうところのインベストメント・アドバイザーに相当する役割を果たし、商品取引所法の下で商品先物取引委員会による監督に服します。

コモディティ・プール・オペレーターは、コモディティ・プールのために商品先物取引・商品オプション取引を商品取引アドバイザーに委託せず自ら行うことできますので、商品取引アドバイザーのいないコモディティ・プールもあります。

3.先物取引業者

先物取引業者(futures commission merchants)も関連当事者として挙げられます。

先物取引業者は、Section 1a(20)に定義されており、商品にかかるデリバティブ取引の注文の勧誘又は受諾を行う者及びこれに関連して証拠金等を受領する者がこれに該当します。

投資会社で言うところのブローカー・ディーラーに相当する役割を果たし、コモディティ・プール・オペレーターは、先物取引業者を通じて商品先物取引・商品オプション取引を行います。

先物取引業者もまた、商品取引所法の下で商品先物取引委員会による監督に服します。