1.クローズド・エンド・ファンドとは

クローズド・エンド・ファンドとは、マネジメント・カンパニー(額面証書会社とユニット・インベストメント・トラスト以外の投資会社)のうち、オープンエンド・カンパニーではないものをいいます(投資会社法Section 4、5。こちらも参照。)。

クローズド・エンド・ファンドの商品特色については前に書きましたので、こちらを参照してください。

クローズド・エンド・ファンドは、その資産の大部分を非流動資産に投資することができます。

解約対応義務を定めるSection 22(e)は、ミューチュアル・ファンドが非流動資産に投資することを阻害する効果を持ちますが(こちらを参照。)、この条項はクローズド・エンド・ファンドにも適用されます。

しかし、クローズド・エンド・ファンドは自由な解約を認めないので、同条項にもかかわらず非流動資産に投資することができます。

2.登録

投資会社法に基づくファンドの登録と証券法に基づく持分の登録は、Form N-2の様式を提出することにより行うことができます。

ひとつの様式で足りる点でミューチュアル・ファンドと同様であり(こちらを参照。)、二つの様式を出さなければならないユニット・インベストメント・トラストとは異なります(こちらを参照)。