投資会社法の条文上の区分について。

投資会社法Section 4は、投資会社について以下の3つの類型を定めています。
  • 決まった金額の支払いを約束する証書を発行する額面証書会社(Face-amount certificate company)
  • ユニット・インベストメント・トラスト
  • 上記二つの類型に該当しないマネジメント・カンパニー (Management company)
さらにマネジメント・カンパニーは、販売・解約を行うかどうかによって以下の二つに分けられます(Section 5)。
  • オープンエンド・カンパニー(Open-end company)
  • クローズド・エンド・カンパニー(Closed-end company)
マネジメント・カンパニーのうちオープンエンドカンパニーに該当するものが、ミューチュアル・ファンドと呼ばれます。ミューチュアル・ファンドとして定義されているわけではありません。